vol.13

  <テーマ>

世の中のトレンドを変える

プロモーション・マーケティング

今回のフィッツライブでは、欲しいを喚起するプロモーション案を
    学生の皆さんに提案してもらいました!!

<登壇者紹介>

Uさん(マーケティング部)

広告代理店から転職し、FITSに中途入社。

前職の経験を活かし、マーケティング部において、

媒体広報及びVMD施策等を務める。

<まずは、アイスブレイク!>

今回はチーム対抗のアイディアバトルということだったので、まずはグループごとに自己紹介をして、お互いのことをよく知ることからスタート。



アイスブレイクタイムを通して、各グループ笑顔が溢れてきました。
では、いよいよ・・・

<お題発表>

今回のお題は、

“RISING WAVEの認知・購買につながる

プロモーション戦略の提案をせよ”

<レクチャー>

ここで、社員によるマーケティングレクチャーをしてもらい、プロモーション手法についてのヒントをもらいました!

ブランドの根幹とも言える「コンセプト立案」から
実際の売る仕組み「4P」の流れに至るまでをレクチャー。
今回は特に、お題に沿って、プロモーションの観点にフォーカス!

<ブランド説明>

さらに、今回取り扱うフィッツの独自ブランド”RISING WAVE”についても、
マーケティング部のブランドプロデューサーを務める社員から、
「ターゲット」「コンセプト」「差別的優位性」など、押さえておきたいポイントをしっかりとインプット。


レクチャータイムが終わり、
個人個人の考えがまとまったら・・・・

<グループワーク>

チーム対抗プロモーション案合戦、ということで、
個人ワークから、グループワークへ!!
魅力的なプロモーション案について、皆さん真剣に話し合っています。



限られた時間の中で、グループの提案をまとめていきます。
そして、いよいよ・・・・・

<発表タイム!>

あっという間のグループワークが終わり、発表タイムがやってきました。



ターゲットが大学生という点から、
参加者と近い目線でプロモーション案が浮かんだのではないでしょうか?
「学園祭」「SNS」「プレゼント」などと掛け合わせた
面白いプロモーション案をたくさん提案してくれました!

フィッツ審査員たちも講評を
 まとめています・・・)

<講評>

今回は、A~Gグループの7班を、5人の審査員に講評していただきました。
皆さん素晴らしいプロモーション案を提案してくれましたが、なかでも1位に輝いたのはAグループでした。


審査員の声
Aグループは、「学園祭」をテーマに、準備期間からプロモーションを打っていくという切り口でした。
地道なようで、実現可能性の高い提案が現役マーケッターである審査員たちの目を引いたようです。
提案をしていく上で、「なぜ」の部分を見落とさないことが大切だと、しっかり認識できていましたね!
さらに、講評と絡めて、
フィッツのプロモーション事例もご紹介。

PR-public relations  

   AD-advertisement 

      SP-sales promotion

の3つの軸を掛け合わせたプロモーションを、
フィッツは大切にしています。

<最後に>

FITS LIVE vol.13へのご参加、ありがとうございました!!


広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。