vol.12 女性編

〈登壇者〉女性社員3名 

T(マーケティング部)

2013年新卒入社。

香水プランナーとしてLovePassportやVasilisaを担当。

資材調達やタレントとの交渉等を行いブランドイメージの拡大に貢献する。

S (マーケティング部)

2015年新卒入社。

国立大学大学院で宇宙工学を学んだ異色の経歴をもってFITSに入社。
現在はマーケティング部に配属。海外メーカーとのやりとりやMD業務を日々勉強中。

K(管理部)

2016年4月新卒入社。

大学時代は研究室にこもりつつ、学生団体の代表としても活躍。内定者インターンとして、FITSLIVEの企画開催や人事関連の業務に携わる。FITSとの出会いは[FITSLIVE!]

Question: FITSに決めた理由は何ですか?

T:会社と、自分の成長できるスピードが速い

元々、地元が田舎の方で、将来は地元の活性化に貢献できるようなジョブスキルを持って帰りたいと考えていたんですね。そのための修行の場所として、ベンチャー企業という枠から絞り込みました。ベンチャーの説明会に行ったときに、自身が使っているフィッツの商品が並んでいたんです。そこで運命を感じました。

K:知人が働いていたのが始まり

私は理系で大学院に行くことも考えていたんです。でも、よくよく考えるとそれってただ就活から逃げたいだけなんじゃないかって。どうせ、大学院に行っても就活はやってくる。だったら、今やろう!と決心しました。就活をするにあたって思ったことは、世の中に存在する会社が多すぎるってことです。そこで、先輩に相談をしました。そのとき、先輩に紹介していただいた会社がフィッツだったんです。

S:合同説明会での出会い、そして一目惚れ

私も元々リケジョ(理系女子)で、大学院で宇宙について学んでいました。大学院にまで行って宇宙を学んだのは「かっこよそうだから」(笑)それくらいフィーリングで生きてきました。そして、就職か研究者の道かという岐路に立ったとき、研究者で一生やっていくのは嫌だと思ったんです。そこで、就職活動を始めました。就活は軸なしで様々な業種を見て回りました。そんなある日、合同説明会でフィッツに初めて出会いました。そこで熱く夢を語る山田専務に感銘を受けたのがきっかけです。
Question:具体的にどのような業務を担当しているのですか?

T:ゼロからの企画。タレントとのコラボ。正直、今が一番楽しい。

商品企画を担当しています。ゼロから商品を生み出せることが面白みですね。タレントとのコラボレーションなどもやっています。一年目は新しいことを学ぶのにとにかく必死でした。商品を0の状態から世に出すまで、だいたい8ヶ月ぐらいかかるんですよ。長いと感じるかも知れないですが、それでも本当に急ピッチで仕事を進めないと追いつけなくて。短期間でやりきるために必死にがんばってきました。今年は入社して4年目になりますが、後輩の指導もしながら自身も成長させていきたいです。これまで働いてきた中で、最も自身のモチベーションが高まっている時期だと感じますね。

S:フィッツの中核

マーケティング部というフィッツの商社機能を果たしている部署にいます。新しい海外の商品が開発されたとき、いわゆる競り(オークション)をするような業務も担当していました。築地の競りをイメージしてもらいたいんですが、あの香水バージョンという感じですね。予測が立てられないので、対応力・スピードといった能力が求められます。今はその海外部門にいます。海外の商品を日本でどう売っていくか。常にその課題と向き合っています。

K:人事系のインターン業務

内定者インターン生として、学生向けイベント「FITS LIVE」の企画・運営や新卒選考のお手伝いをしています。採用活動のお手伝いをしていると友達に話すと驚かれるんですが、それだけ若手にどんどん仕事を任せるという社風がフィッツにはあると思います。

Question:フィッツにはどんな人が多いですか?

T:思いやりに長けている

人の良さは感じますね。自分が困っているときに、それに気付いて気遣ってくれる上司が多くいます。そのぶん頑張れちゃいますね。

S:これぞまさに動物園

内定をもらったときは「動物園」みたいだと感じました(笑)。でも、いざ入ってみたら意外(・・)とちゃんとしてる人が多くいるな~って思いました(笑)。自分にとっても良いギャップでしたね。あと社員の方とよく飲みに行く機会あるのですが、熱いハートをもっている社員が多いなっていうのはすごく強く感じます。

K:何事も100%のカッコイイ大人

まだ社員として働いたことがないので、私にとってはまだ「動物園」状態です(笑)ママさんとして働く社員さんもいらっしゃるのですが、仕事と育児どちらも100%で頑張る姿はかっこいいなって思います。

Question:フィッツに入って考え方や価値観は変わりましたか?

T:トレンドへのアンテナ

大きくは変わっていませんが、今は地元に帰りたくないぐらい仕事が楽しいです。商品企画に携わっているので、最近のトレンドに関しては常にアンテナをはって情報収集しています。たとえば、休日は街の店頭を回って、最新の商品をチェックしています。休日中に仕事のことか、と思う方もおられると思いますがトレンドチェックは自身の楽しみの一つでもあります。

S:他人目線で

初めは、自分のことで精一杯で、自分のことしか見えていませんでした。ですが、だんだんと先輩の熱い気持ちが心に響くようになりました。相手の目線で物事を捉えられるようになったからだと思います。また情報共有のスピードが圧倒的に早く、年が10つ離れた先輩とも気軽に話すことができます。少数精鋭のメリットですね。
Question:プライベートとのバランスはしっかりとれていますか?

T:オンとオフ

定時が18時なのでプライベートな時間をとりやすい雰囲気があると感じています。仕事後に、映画に行ったり、会社の方と飲みにいくこともありますね。土日も完全にオフとなっているので、休日は旅行したり、ショッピングにいったり、オンとオフの切り替えを大事にしています。

S:自分次第

業務の進行管理は本当に自分次第です。私はまだまだ新人なので、忙しい時期もありますが、計画性をもってタスクに取り組むことが大切だと思っています。

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。